腰痛の方こそハイヒールを



レッスンを終えると同時に
急いで準備し、予定通りに
迎えのTaxiが10時に到着した



目的地はGrand Palais
スケートのためであった





その前日にhusbandの父より
スケートの誘いのメールを
もらい、翌日の予定を伝えると
直ぐに到着が出来るようにと
車を手配してくれたのである(笑)



本当に優しい父である



仕事と仕事の合間の3時間を
狙い、スケートを楽しんできた



Grand Palaisでスケートが出来る
イベントは1月2日までと短期間
であり、それも2年に1度のため
到着すると少し列が出来ていた





しかし、並ぶ価値があったのは
Grand Palaisと云う素晴らしい
空間を満喫しながら滑る事が出来
これぞ、パリの恩恵であると思った



Grand Palaisに流れる
壮大なエネルギーを
たくさん吸い込んできた





本当は、この後に別のことを
綴っていたが、電子書籍で
出版するため本の修正作業を
行っていた時に、我ながら
良いことを書いていると思った



ブログで紹介をしては全く
売る気がないようであるが(笑)
綴った記事を消してでも
紹介したい衝動に駆られたので
今日はこちらのことを紹介させて
いただければと思う



「ハイヒールの哲学」
第34章 ”腰痛の方こそハイヒールを”



質問です



ハイヒールで歩く時に前脚と
後ろ脚のどちらがエネルギーの
原動力でしょうか



答えは前脚も後ろ脚もどちらもですが
強いて云うならば後ろ脚です。



歩く時の後ろ脚の意識が出来ると
美しさだけではなく身体にとって
たくさんの恩恵があります。



ヒップアップの効果は勿論ですが
一番の恩恵は腰が痛くならないことです



腰痛の原因は様々な原因がありますが
姿勢を改善するだけでも緩和されることも
あります。



特に腰周りの筋肉をつけることは大切です。
歩き方というのは最も密接に関係しています。



是非、ご自身の歩き方を
観察されてみてください。



腰が痛い方に共通しているのが
前足を地面に着地した時に、後ろ足の
踵部分が、ベッタリと地面についており
地面から離れていません。



ヒールで云うとピンヒールの
部分が地面に接触し続けている
状態です。



実はこの状態はハイヒールを
履く女性の90%以上の方が
行っていることです。



何故、これが良くないかと
いうと本来は後ろ脚の力で
身体を前に押し、スムーズに
体重移動をして、前足のみに
体重が乗る仕組みになっています。



しかし、後ろ足の踵が地面に接触して
いる状態というのは、踵に完全に全体重が
乗っているので、前脚を出す時に身体が
反ってしまい、腰への負担が大きくなります。



ハイヒールを履いてバランスが
取れなくなるのも
このことが非常に関係をしています。



では、どうしたら良いか



前足が地面に着くと同時に
後ろ足を地面から離します。



そうすると身体は自然に
前に押し出されて、身体全体で
前足に体重移動が出来ます。



「後ろ足を地面から離す」と云うことが要です。



活字で書くと簡単そうに感じますが
実際には、とても難しいものです



後ろ脚の意識は前脚の意識が
身体に入っていないと難しい
テクニックでもあります。



片脚だけでも意識をする箇所は
多いので、1つ、1つ筋肉へ
アプローチしてゆき、一つの意識を
完全に身体に入れてから又、次の
ステップを踏む事が大切です。



それは、浅いところで筋肉を
動かしても意識の薄れと共に
すぐに間違った使い方、癖が
発症し、以前の状態に戻るのは
時間の問題です。



深いところで筋肉を動かすと
いうことは、頭では忘れて
しまっても筋肉がしっかりと
覚えています。



それには時間を要しますが
間違った癖や習慣と共に
生きた分だけ、かかります。



しかしながら、身体の使い方が
変われば、今後の人生に於いて
身体がもっと楽になり、健康的に
なり、その上、ハイヒールで美しく
歩くことが可能です。



腰痛の方こそ、正しい筋肉と
意識を習慣にして、ハイヒールと
共に美しい人生を歩んで欲しいと
思います。



間違った身体の使い方は更なる
腰痛の原因となりますので
プロの方に習われることをお勧めします。



痛みには必ず原因があります



腰痛の方こそハイヒールを 腰痛の方こそハイヒールを Reviewed by Asami on 23.12.16 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.