夏の意識とハイヒール

昨夜、コンサートへ行くまでは
Facebook Officielを問題なく
使用出来ていたが、帰宅した後に
画面を開くすら出来ない状態となり
今も解決が出来ておりません。

 

世の中には不思議なことが起こるが
解決までに時間を要しそうであり
こちらはトラブルが解決致しましたら
再び、運営をさせていきますので
何卒、宜しくお願い申し上げます。

→(こちらは31日の朝、解消致しました)



世の中には摩訶不思議な事が
起こるものだと、このような
些細なトラブルからも感じる



ここ最近のパリは集中豪雨が多く
雷と共に激しく叩きつける雨が
続いている



昨夜も本当にLuckyだったのは
音楽を聴き終え、美術館を出た際
雨がポツ、ポツと当たり始めた



近かったのが幸いであったが
家に到着し数分も立たない内に
激しい雷雨がパリを襲った



危機一髪とはこのような事であり
何と私は強運であろうかと感じた



そのため満月を目にすることは
出来なかったが、想いが強かった
のであろうか、夢で満月を見た



これも摩訶不思議であった



パリでは珍しく湿気があるため
暑いと感じる今日この頃であるが
このような暑いと感じる時にこそ
特に日々、意識をしている事がある



それは歩幅を狭めることである



日々、外で歩いている自分の姿を
ふと、無意識に窓ガラスを通して
見ると暑くない状況であるにも
関わらず、歩幅が出過ぎている事で
美しさが欠けていると意識を入れ直す



歩幅を出すことのリスクは背中が
反りやすくなり、そのために必ず
腰を痛めてしまうこと



背中が反ると云うことは腹筋を上へ
引き上げる力が後方へ力が引っ張られ
そのために最大限の力で腹筋を上げる
ことが出来ず、身体の軸が半減する



腹筋と膝とは繋がっているため
すると膝の筋力も弱まり
膝も必然と曲がりやすくなるため
一層、腰痛の原因にもなる悪循環
であるが、何よりも歩幅が大きいと
エレガンスが全くなく美しさがない



日々、意識をしている私ですら
歩幅が無意識に広くなっている
ことを感じた瞬間に正している



しかし、日常的に意識を全くして
いない人とは、どれほどの大きな
歩幅で歩き、そのことが原因で
身体を痛め、美しさを半減させて
いるか想像がつかれるのではと思う



そこに暑さであったり不快感
疲労感があると、私たちの身体は
身体が怠惰しコントロール出来ず
歩幅は通常の二倍近くにもなる



暑い時こそ身体に対しての緊張感が
なければ、心に引きずられてしまい
身体も怠惰となり、又、その怠惰な
身体が心を一層lazyへと足を引っ張り
この図式こそ夏の悪循環スパイラルだと
今朝、歩きながら感じていた事である



暑い時こそ、身体と心が怠慢に
なりそうな時こそ私たち女性には
ハイヒールが必要なのである



フラットシューズやサンダルは
どこまでも無限に怠惰となり
それもストッパーが掛からない状態



一度、落ちたものを引き上げる事は
まさにエネルギーの浪費であり
それであれば、日々の僅かな小さな
意識を続けている事の方がエネルギーの
浪費なく無駄な努力をしなくとも済む



パリは日本のように通常は湿気は
ないがエアコンが一般家庭にはない
気温が上がる季節へと移る際に
意識をすることは暑さや夏の陽気さに
負ける事なく自分の軸が抜ける事なく
凛とした姿勢を保ちながら生きられるか



その土地に暮らす人であれば
土俵は皆、同じである
唯一、異なるのはマインドである



年中、如何なる時も
ハイヒールは女性には必須だが
美しく生きたいのであれば夏は
絶対にピンヒールが必要である



気温が上がると身体が浮腫む事で
足も比例して浮腫むため、サイズを
選ぶにはお気をつけくださいませ



Mes talons hauts



改めて、声の威力・素早くタイミングを
外さず入れる瞬発力の重要性を
Michiyoさんから学ばせて頂きました。

 

あのような美しい所作と声は
長い年月をかけて培ってこられたもの
であり、的確な指導をされる影なる努力
そして声の哲学への高い意識

 

日々を丁寧に、心を込めて生きるからこそ
自然と滲み出るものなのだなあと
レッスンが終えてからも、余韻が冷めませんでした。



こちらはLes caprices 凛さん
EMBELLIR Michiyoさんとの
今月のExchangeに於いて綴られた
Blogである



気品あるエネルギー



Michiyoさんにお会いになった
全ての方は必ず凛さんが言葉に
されたことを仰るがエレガンスの
レベルが神のような女性である



丁寧に生きていることが
彼女のオーラ、言葉、表情
笑顔、活字の全てに現れており
Michiyoさんから学べる事は
ハイヒールを通してエレガンス



このような女性が東京にいること



Michiyoさんのエネルギーに
触れると、これまで考えていた
エレガンスの定義が覆される



そのような衝撃を与える女性である



「ハイヒール」と「エレガンス」
この二つは切り離す事が出来ない



夏へと向かう今だからこそ
身体と心に緊張感を保つことは
大切である



2年前のYoutubeより



※「声の哲学」コース
 プロモーション価格でのご提供は
 明日までとなりました。

 6月1日からは正規の価格となりますので
 この機会をご利用くださいませ。

夏の意識とハイヒール 夏の意識とハイヒール Reviewed by Asami on 30.5.18 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.