理論と原因と結果



ハイヒールの哲学こそ
「原因」と「結果」とは
紛れもない真実である


Q.何故、ハイヒールで歩くと
    腰を痛めるのか?

A. 先ずは背中が反っていること



Q何故、背中が反るのか?

A1.腹筋を上へ引き上げる力が弱い

A2.背中が反っているポジションが
  常日頃から慢性化し、それが
  正しいポジションだとの思い込み


Q.何故、O脚になるのか?

A.母子球に体重が乗っていない


Q.何故、母子球に乗らないと
    O脚になるのか?

A.母子球から体重が零れると
 足の裏の外側に体重が流れる
   
    足と脚は繋がっているため
 結果、脚の外側ばかりの筋肉が
 発達し、Oのようなフォームとなる



Q.何故、ハイヒールで外反母趾が
    改善されるのか?

A.母子球に体重を乗せることは
 即ち足の裏の内側の筋肉を
 使うことになり横アーチの筋肉が
 復活をする



Q. 何故、踵から着地をしてはならないのか?

A1.踵から着地をすると膝が曲がりやすい
  膝が曲がることは母子球に体重が乗らず
  足や脚、身体の芯でバランスが取れず
  背中が反ること

 加えて身体を左右に揺らすことで
 バランスを取ろうとし
  更に重度な腰痛を引き起こす

A2.上記の説明のように母子球に体重が 
  乗らないため、O脚を引き起こす

A3.美しくない



Q.何故、全世界の女性がハイヒールで 
 美しく健康的に歩けないのか

A1.ハイヒールの哲学を知らない

A2.フラットシューズと同じ歩き方で 
  ハイヒールで歩いているため



これらは本当に極一部であるが
私を含めてハイヒールの哲学の
コンサルティングを受講された
コーチ陣
は如何なることも理論で
確実に的確に答えることが出来る


身体とハイヒールの哲学こそ
原因と理論と結果が明確なものは
ないであろう


ハイヒールで美しく歩けない事を
嘆く時間こそ人生に於いて無駄な
時はない


単に知らないだけである
知らないことが理由で
嘆くなら知り、練習すること


これ以上、簡単な解決策はない


今朝、私は強烈な右脚側の
筋肉痛に襲われたが理由は
直ぐに理解が出来た


昨日、素足のエクササイズを
しながら、どうしても右脚の
バランスが取れず、骨盤の回転
上半身の傾きかと試していたが
理由は単純なものであった


腹筋を上へ引き上げる力と
膝を後方へpushする力不足が
原因であった


クライアントの方が表現される
「息が止まるほど」との感覚が
この時、初めて体感した


本当に息が止まるほど腹筋を
引き上げながら膝もその場で
筋肉痛になるのではと云うほど
pushをした


この二つを行ったことで
ようやく右脚を軸にした際の
バランスが取れたのである


何と恐ろしいかと思った


普段、エクササイズをしていても
無意識に身体とは落ちてゆくと
この時こそ強く感じたことはなく
改めて身体とは侮れないと感じた


私は別に身体を絞りたい訳では
決してなく身体と魂とマインドは
三位一体のため、身体の低下とは
魂とマインドの低下を無意識に
招いていると知っている


これらが低下することは
エネルギーの低下を引き起こし
人生の後退を無意識にさせられる


ハイヒールの哲学とは
単に美しく歩くと云うものではなく
人生に大きく影響をする


だからこそ私はストレッチや
エクササイズを欠かさない


今日は母子球に乗らないと感じたら
そこには必ず原因が潜んでおり
原因を突き止める過程が出来ると
人生の哲学にも置き換える事が出来る


理論こそ人を唸らせるものはない


そして
そこに美しさが融合されると
誰も決して何も云えない


もし、言われる事があっても
理論で美学と共に説ける


ハイヒールの哲学とは
最強の武器であり
この世界を知らずして女性を
生きてはならないのである


ハイヒールは単なるアイテム
女性を美しくさせるためだけの
アクセサリーだと思っていたら
今直ぐに改めるべきである


ハイヒールの威力がどれほど
強靭であるかは現在進行形で
向き合っている女性しか感じる
ことが出来ないのである


今の時代、強く生きなくては
風に飛ばされ、何処かに流され
涙を呑んで終わりである


強かに生きた者が勝ちである

 

Voir cette publication sur Instagram

本日のレッスン La tour des Esprits @la.tour.des.espritsさんとの ワンシーンより ハイヒールで正しく美しく 歩くには肩甲骨の意識は 要であり、肩甲骨を中心に 寄せる意識と力なくしては ハイヒールで軸を持ちながら 歩くことは不可能です。 neneさんもご覧の通り 肩甲骨の意識を強化した事で 身体の軸が蘇りました。 肩甲骨の意識は後ろ姿の 美しさも全く異なります。 ハイヒールの哲学とは 道場、武道であります。 フランスはロックダウン中 であり、加え週末は託児所が お休みのため、Tiffany付きで 失礼致します。 #ハイヒールレッスン #身体の軸 #後ろ姿の美しさ #肩甲骨 #身体の軸 #ルブタン #スポーツ #武道 #身体を鍛える #コアマッスル #インナーマッスル #トレーニング #室内スポーツ #オンライン #Skypeレッスン #ハイヒールコーチ #asamiparis公認コーチ #一流 #フランス #パリ #モナコ #asamiparis @asamiparisfr

Une publication partagée par ASAMI (@asamiparis_jp) le

 


今月のASAMI-PARISコンシェルジュ
「Monaco特別期間」コースとなります


今月限定となりますので
ご興味のある方は以下をご覧ください


11月のコンシェルジュ「Monaco特別期間」コース


各コース、レッスンの
お問い合わせ、お申し込みは
以下の連絡先までお願い致します



asamiparis.fr@gmail.com



◆本日のコンサルティングの方のBlog


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私の履歴書⑤ 美しい人のハイヒール (Éternité)

猫だと思ったら狸だった件 (Juliaile)

可愛いではなく、美しく (La Carrière)

自分を労う (AMANDOLE)

語学以外に身につけるべきもの (Ravissante)


ハイヒールコーチとしての決意 (Belle passion)

Talons hauts au bureau – 職場でのハイヒール (Prélude)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
理論と原因と結果 理論と原因と結果 Reviewed by Asami on 7.11.20 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.