昔の日本女性とフランス男性に共通するもの




一流の美学のコーチになるべく
美しさの哲学のコンサルティング
受けられているRavissante 愛さんが
素晴らしい作品を綴ってくださった

古き良き日本人女性(覚悟と自立と責任)


こちらはコンサルティングの
課題として出させていただいた
Blogであるが期待以上の素晴らしさ


加えて魂が込められた文章と
文章や言葉の扱い方にも美学が
込められており惹きつけられた


最後に愛さんが
「厳しい内容となったが」と
一文の謝罪があったが
真実とエスプリが込められた
ものには厳しさとは感じない


そこには愛があるからである


愛さんは幼少期から茶道をされ
着物に関して愛さんには敵わない
ため、大きな声で云うべきでない
身分であるが、着物の美学こそ
今の日本女性が振り返るべき時で
あると云える


現役時代は着物で舞台を歩く事も
多々あったため、着付けをと思うと
当時の私の親友とも云える存在で
あった女性が東銀座にマンションを
購入し、着付けのサロンを始めた


サロンと云うと少々、異なるが
当時の市川染五郎さん、現在の
松本幸四郎さんの奥様へ着付けを
教えていた彼女に私も習いたいと
関係性を有り難くも利用させて
いただき、暫く着付けを習っていた


だからこそ古き良き時代の
日本女性から学ぶべきだと
強く思うのは着物の哲学と
ハイヒールの哲学が完全に
重なることである


姿勢を崩せば着崩れを起こし
だからこそ姿勢を正す必要がある


日常の動きの中で意識しても
着崩れをする為、化粧室へ行き
その度に着崩れを修正すること


足の裁きとも云える歩幅を
コントロールしなくては
着物での歩きに品がなくなり
全てが台無しになること


日常の緊張感は着物で作られ
だからこそ日本女性は自身を
律しながら美学で生きていた


しかし、今はどうであろうか


家に戻れば理解不能である
部屋着と云うものがあり
緊張感と掛け離れた生活に
加えてマスクを言い訳に
日本ではメイクをしない人


ルージュを塗らない人がいると
云う私には信じられない世界が
あると耳にし驚く


リラックスと怠惰は異なる


この境界線を現代の日本女性は
完全に間違ってしまい
そのまま無意識に女性の性から
脱落しているのではなかろうか


願望と行動が一致して理想の
結果が生まれるが願望だけ
ビジョンを掲げても行動が
反比例していれば理想の結果は
一生、手にすることは出来ない


美しくなりたいと思いながら
緊張感のない日常を生きていれば
生活感を纏ったオーラを纏う


高級クリームよりも姿勢を正し
心を込めて所作をする事の方が
何十倍も美しさには効果がある


私も含めてフランス女性は
あまり肌が綺麗とは云えない


それは乾燥大国の国であり
加えて肌を焼くことが
ステイタスであるため、皺や
シミが非常に多いが、それでも
美しいと云われるマダムたちは
他の国の女性と異なる美が在る


ヒントは日々の生活であり
美学の中で生きているが故
緊張感がオーラとして現れる


フランス人女性よりもフランス人
男性の方が遥かに美学が在り
成熟しており学ぶことは非常に多い


彼らにも共通するのは瞬間を
美しく生きようとする心と
実際の行動力が結果なのである


美しくなりたいのであれば
特別なことをするのではなく
日々の意識と習慣を変えること


これ以上に最高の美学はなく
日本の女性にこそ、古き良き
時代の日本女性とフランス人
とりわけフランス男性の美学を
学ばれることを強くお勧めしたい


これが正にASAMI-PARISの
各哲学であり、自宅にいる
時間が多いからこそチャンス
と云える


容姿、体型、年齢、国境の枠を
超えて皆がスタートラインに
なる時代が美しさの世界にも遂に
登場したのである


今は日常の美学を入れるか否か
これは世界の女性、男性を含め
大きな二極化の時代へと突入した


言い方を変えればチャンスなのである


過去に於いて美しさに対して
劣等感を抱いていたかもしれない


若しくは年齢や体型で諦め
諦めることで自分を納得させて
魂を封じ込めていたかもしれない


又は自信がなく言い訳をし
挑戦することを先延ばしにし
生きていたかもしれない


全ての枠も殻も崩壊をし
本当に横一直線の時代へと
既に入っているのである


要は日常の美学を纏うか否か


嘘のようであるが
本当にこれだけなのである

今こそ本当にチャンスである
「美しく在ること」
絶対に諦めてはならない


美しさとは計算と理論
そして法則なのである


最後に明日、12月3日 日本時間
22時10分よりプレミアムブログを
お届け致します


今回は
「法律を変えられなかった原因」
こちらをテーマにお届け致します


今回のテーマは今後の人生に
於いてご自身に置き換えて
いただくと非常に役に立つ内容
であると思います


プレミアムブログはお申し込み
申請が必要となります


プレミアムブログ




今月のASAMI-PARISコンシェルジュ
「美学のオートクチュールコース」となります


今月限定となりますので
ご興味のある方は以下をご覧ください



美学のオートクチュールコース



各コース、レッスンの
お問い合わせ、お申し込みは
以下の連絡先までお願い致します



asamiparis.fr@gmail.com



◆本日のコンサルティングの方のBlog



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

古き良き日本人女性(覚悟と自立と責任)(Ravissante)

友人は第二の自己 (Le Sanctuaire)

ルブタンが相棒に変わるまで (La Carrière)

魂からのSOS(AMANDOLE)

卑下する事の影響 (Étenité)

異国に住むが如く (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

昔の日本女性とフランス男性に共通するもの 昔の日本女性とフランス男性に共通するもの Reviewed by Asami on 2.12.20 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.