扉を開いた瞬間

You have to establish your axis to be able to walk in high heels. You have to keep the axis as you walk in high heels. The height of your heels depend on how you can control your axis.




扉を開いた瞬間


私の愛する
BachのGoldbergが流れていた


最近は再び、無性に惹かれ
夕方、目的地へ向かう瞬間も
イヤホンから聴いていた曲


一言に、敵わないと思った


何が敵わないかと云うと
エネルギーが全く同じであり
それは一ミリのズレもなく
ピタッと重なっているのだと
衝撃的に感じた瞬間であった


異なるのは「性」だけである


昔は私に足りないものを
持っていたからこそ惹かれた
エネルギーは今はエネルギーが
同じレベルになったのだと
扉を開いた瞬間に直感で感じた


エネルギーとは目で見れないもの


それも同じ周波数でなければ
ラジオの周波数を受信するかの如く
察知することすらも出来ない


満月の夜
奇跡のような瞬間を神様から
プレゼントを頂戴した


今朝、モナコ帰りのYUKIKOさん
オートクチュールレッスンを受けられた


私が真っ先に驚いたのは
扉を開いた瞬間
YUKIKOさんからモナコの
エネルギーを感じた事だった


モナコのエネルギーを十分に
存じているだけに、これは
本当に驚き、私はYUKIKOさんの
お陰でモナコへの想いが強くなった


人とは何処で時を過ごし
誰と時を過ごすかで
エネルギーが変わってしまう


これは自分では気づかないが
エネルギーが変わるのであれば
波動の高いエネルギーを纏うべき
であり、このエネルギーが共鳴し
新たな出来事、人、未来を創る


実際のオートクチュールでは
YUKIKOさんの根深い癖である
爪先の方向に重点を於いて
レッスンを進めていったが今回は
爪先が内側に向くのを修正すると
背中の筋肉を感じると彼女が仰った


背中の意識もYUKIKOさんの
大きな課題の一つであるが
爪先と背中と関係がないように
感じるかもしれないが身体は
一つのユニットの理論の元
このようなことが起こるのである


私たちの身体とは身体のパーツの
箇所が近い遠いに関係なく互いに
影響をしており、一箇所だけを
修正をしても根本的な解決にならない


これこそ私のハイヒールの哲学であり
身体とは一つのユニットである理論と
人体学がベースでなければ無知識で
ハイヒールで歩いても身体を痛めるだけ
であるが、これらがベースであるならば
ハイヒールとは最高のアイテムである


理論に加えてエレガンスに歩くと
云う私がパリで培っている美学が
重なると無敵以外の何ものもない


ある年齢を超えると顔のパーツも
体型も気にする必要がないと私が
断固として云えるのは、歩く姿で
全てを払拭してしまう効果がある


しかし、逆を返すならば
幾ら綺麗な顔立ちでも体型が
素晴らしくとも歩く姿が
美しくなければエレガンスを
醸すし出すことは不可能である


身体を絞るダイエットに無駄な
努力をするならばハイヒールで
エレガンスに歩く努力をする方が
何百倍も効果があるのもロジック


その上、ハイヒールで美しく歩く
努力が無意識のレベルで、身体の
ラインが変わっており、一石二鳥も
一石三鳥にもなる恩恵が人生にある


ハイヒールの哲学と共に生きれば
解消が出来ないコンプレックスは
ないと断言が出来るのは、これまで
多くの女性を拝見しているからである


美しさと健康の両方を手に入れる
ことが可能なのもハイヒールの
哲学が成せる技であり、凛として
生きる強さも得意とする分野であり
これらの武器が人生の武器ともなる


大袈裟でもなく、真実であり
世界に触れた方しか理解が出来ない
秘密のような世界でもある


しかし、秘密でも何でもなく
世界を開く扉を開けるか否か
非常にシンプルでありOpenである


扉を開く瞬間


目の前には私たちの奇跡が在るのである



2018年11月30日のBlog
「扉を開いた瞬間」より


 


本日のプレミアムブログ 第50章は
「フランスへ移住されたい方へ」との
タイトルで動画で配信しております


プレミアムブログのお申し込みは
以下よりお願い致します


プレミアムブログ


各コース、レッスンの
お問い合わせ、お申し込みは
以下の連絡先までお願い致します


asamiparis.fr@gmail.com


◆本日のコンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私に起きている変化 (Lumière)

美学のコーチとして (ALLURE)

デスクワーク時の姿勢 (AMANDOLE)

ネイルをやめた理由 (PIAGET)

年齢を言い訳にしないこと (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
扉を開いた瞬間 扉を開いた瞬間 Reviewed by Asami on 3.3.21 Rating: 5

0 件のコメント:

Powered by Blogger.