芸術を纏うとは

Le thénar du pied et les muscles intérieurs de la jambe sont en étroite relation; ils le sont en même temps avec la musculaire profonde de l’abdomen qui gouverne le maintien du corps. Imaginez que vos talons ne soient que des trompe-l’œil et que vous tomberez si vous prenez appui dessus au lieu de porter votre poids uniquement sur le thénar. Si vous arrivez à effectuer cela, l’idéal dont vous rêviez s'incarne véritablement dans la ligne de votre corps, en particulier celle des jambes. Les jambes qui se dressent avec une musculature intérieure convenable sont les plus compatibles avec de beaux talons hauts.



画面を開いた瞬間


何かが確実に
変化をされた手応えを感じ
感動が込み上げた


それは最後まで続き
画面を切った後
以前の姿と比べたい
衝動に駆られた


その私の興味を
形にしたものが
Instagramでもシェアをした
以下の写真である



左側の写真は
7月31日に開催した
美学のコンサルティングを
開始された時の
Instagram LiveのSonomiさん


そして
右側の写真は本日
9月4日のSonomiさんである


僅か
1ヵ月にも関わらず
此処まで変化された


今日はALAÏAの
真っ白のワンピースを
纏われていたが
今のSonomiさん
見事に共鳴されていた


宇宙の法則の一つに
波動の共鳴が存在する


例えば
闇雲にALAÏAを
纏うからと云い
美しくなるような
そのような簡単なものではない


右側に変化された
Sonomiさんだからこそ
ALAÏAと共鳴する


同じ波動でないと
このようなことが起こる


それは
ピンと来たデザインがない


デザインが合っても
サイズが合わない


サイズもカラーも合っているが
商品を手にする手前で
何かの障害が起きてしまい
最終的に手に入らない


波動が合致するからこそ
波動の共鳴で
手にし纏うことが出来る


これは洋服だけではなく
靴やバック等の
アイテムだけではなく
人や不動産など
あらゆることに共通する


突如として
人との約束がキャンセル
仕事がキャンセルは
波動が合致していないことも
影響している場合がある


全てとは云わないが
それほど
私たちが生きている世界は


私たちが思う以上に
波動の共鳴に従い
多くの物事が進んでいる


Sonomiさんが
ALAÏAを手にされたのは
波動の共鳴の証明であり
この一ヵ月間の変化は
美しさだけではなく
波動さえも上がった証拠である


何故ならば
ALAÏAとは芸術であり
芸術には人の崇高なる
エスプリが宿っている


芸術を纏うとは
高い波動を纏うことである


ちなみにSonomiさんは
二人のお子様の母でもあり
上のお子様はPeterと同い年である


子育てとは
綺麗ごとではないが


それでも
これ程の変化は
日本女性が母として
在るべき姿の光で在る


子供たちを公園で遊ばせ
子供たちのママンと
違和感を感じながら
自分を押し伏せながら
無理に共鳴させていた


過去のSonomiさんは
今はそこにいない


過去が本当の意味で
過去形になり
そのような自分も
一生懸命に生きていたと
認めてあげられる
美しき瞬間でもある


自分を尊敬すること


これは美学と共に生き
初めて出来ることである


自分の価値は誰でもない
自分で決めるもの
しかし女性であれば
美しさが軸になるのは
どうしても否めない


私はSonomiさんも
大好きであり
それは子育てに言い訳せず
ご自身の魂に従い
開花させようと
魂レベルで感じるからである


エネルギーに繊細であり
しかし一方では
日本の社会や母としての
世界に自由がない期間が
多かった


だからこそ
今、女性の自立と解放を
手にされたSonomiさんが
伝えたいことがある


Sonomiさんは
これから更に大きく変化され
本日の写真も
未来のBeforeとなられると思う


生命力だけはあるが
実際に自分の命がいつ迄か
これは誰にも分からず
私にも分からないことである


だからこそ
愛するPeterとTiffanyと
愛するクライアントの方々へは
魂が燃え尽きるが如く
自分の命を吹き込み続け
それを我が人生とし
生き続けたいと思う


私を慕ってくださる
クライアントの皆様
心よりありがとうございます


この場を借りて
改めて深く御礼を心の底より
申し上げます


最後に
La tour des Esprits neneさんが
9月12日まで
プラチナコースを
特別価格にてご提供を
されています


通常の価格の半額であり
全てはneneさんの愛と
感謝の御心の表れでございます


一流のコーチとして
誇りに思っておりますが
最高なるスキルを
展開されるneneさんの
技術とエスプリを
この機会にご利用くださいませ


絶対に後悔はなく
人生が向上することしか
起こりません


この言葉を信じてくださる
女性は
是非とも扉を叩かれ
その世界を味わって頂きますと
幸いでございます


冗談でもなく
仮にneneさんのレッスンに
納得されない場合は
私が返金致します


それほどの
レベルを提供されます


neneさんの
プラチナコースも
芸術を纏うことであります





愛と光に溢れた
美しき週末をお過ごしくださいませ


パリより愛と感謝を込めて
Asami



明日、9月5日 日本時間
18時30分より「声の哲学」
Video版の配信を行います


テーマは
「成熟した話し方の絶対的なルール」
となります

お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com


◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

復習の大事さ (La Carrière)

Instagram Liveの御礼 (La tour des Esprits)

声の哲学は人生を変える (PIAGET)

「Monacoの休日コース」の女性性のストレッチ (Belle passion)

幸せを見つける (AMANDOLE)

NENEさんがプラチナコースを開講されました (Tiffany1988)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
芸術を纏うとは 芸術を纏うとは Reviewed by Asami on 4.9.21 Rating: 5

0 件のコメント:


Powered by Blogger.