愛に生きる世のお母様方へ

Ma vie est consacrée aux talons hauts. Mon but est de faire profité de leurs bienfaits a toutes les femmes du monde comme j’ai pu moi-même en profiter.



Éternité Junkoさんとの
ハイヒールレッスンの後
世のお母様方の素晴らしさに
頭が上がらない気持ちになった


今日は動画Blogか
こちらのBlogで
その気持ちを伝えたい
衝動に駆られた


奇しくもJunkoさんが
美しき母の英才教育
レッスンの出来事を通して
綴ってくださったが
私自身
強い自己嫌悪に陥った


最近は自己嫌悪こそ
自分の価値を下げると思い
新たな意識を習慣化していた


それでも
その習慣化したものが
あるからこそ
最小限に抑えられたのは事実


自己嫌悪に陥る時は
感情と共に
Tiffanyを叱る時である


怒りの感情を表に出した
あの不快感が
本当に好きではなく
今の私のエネルギーを
最も奪うものである


Junkoさんとのレッスン時
珍しく午前中にして
眠気のあるTiffanyは
2歳児特有のイヤイヤ期に
合わせて眠たさが
ヒステリック状態となった


レッスンの後半は疲れ果て
私の腕の中で眠り
眠る彼女を抱えながら
ハイヒールで歩き
画面の前で指示をしていた


眠れば可愛いものだが
子育ては生半可ではない


20代の頃、以前の主人の母の
介護をしていた時期は
毎回、このようなことを
心の中で幾度と呟いた


ゴールのない介護と
ゴールのある育児
ゴールのない介護とは
育児よりも遥かに大変である


あの時の言葉を撤回した


例えゴールがあっても
育児とは綺麗事ではないと
改めて感じた



本日のTiffany


Tiffanyの託児所を止めさせ
仕事と共存させ生きながら
一ヶ月が過ぎた頃である


仕事と共存しての子育ては
簡単ではないが
それが問題ではなく
一緒にいる時間が増えた事で
叱る回数が増えたことである


これまでは朝の8時30分から
夕方前まで託児所に居た事で
その時間は物理的に叱ることがない


寧ろ
早く会いたい気持ちで
託児所へ迎えに行っていた


この差は僅かに感じるが
現場レベルでは非常に大きい


それも仕事に集中したい
自分も居るため
一人で仕事をする以上の
エネルギーが必要となった


先程、綴った自己価値を
上げる習慣のお陰と
脳科学の恩恵で裸の状態で
育児に向き合うよりは
かなりの軽症であると思う


それでも
シングルマザーの状態である
私の環境は難しく
それを認めているが故
労う自分を敢えて作っている


例えばレッスンが終わると
今もそうだが
シャンパーニュと共に
人生を共存をさせたり
自分のやりたいこと以外は
しなくなった


眠ることが好きなので
21時にはベッドに就いたり
リラックスすることに
制限なく行っている


そのような私でも
実は昨日の朝に身体から
不調のメッセージがあった


朝、シャワーを浴びた後
突如として
首の後ろに痛みを感じた


その後も治る気配はなく
顎を上げたり横を向く時も
痛みが走り就寝中の
寝返りは激痛が走った


これはストレスだと
直ぐに解った


そして昨夜は就寝中
胃の不快感を感じた
焼けるような感覚であり
これもストレスから
起こったものだと感じた


私が想像する以上に
身体とは繊細であると
この警告ランプに耳を傾けた


瞬時に異変を感じ
対処し労ることこそ
自分へのリスペクトである


私の場合はTiffanyへの
叱りを感情レベルで
コントロールする事である


人生に於いて
此処まで毎日、怒りの感情を
放つことがないため
これ程までに負の感情が
人の身体さえも壊してしまうと
驚いたのも事実である


Tiffanyが決して悪い訳ではなく
私が決めた決断であり
その上、金曜日から日曜日までの
3日間の日中はパリの家族が
看てくれるため
有難い環境でもある


その上
ママンは胃が痛いと
伝えるとTiffanyは
一生懸命に私の身体を
マッサージしてくれた


完全に自分が放った
感情のエネルギーが
自分に跳ね返っている
単純な法則である


だからこそ
世の母たる方々に対して
尊敬を感じてならない


介護も大変であるが
育児もこれは大変であると


皆様
どのようにして
過ごしていらっしゃるのかと
このように感じてならない


妊娠中もPeterなくしては
生きられなかったが
今こそPeterなくしては
私は生きることが出来ない


本当に有難いと思う


そして
数日前に気づいた意識の一つ
私は人生を懸けて
「魂を磨き続けること」
これが今世の人生の目的である


ここが核にあると再認識した
今は「これも魂を磨くために
起こっている事である」と
感謝の気持ちが生まれている
ことも事実である


この核を知らなければ
人生に埋もれて
生きてしまっていたかも
しれない


如何なる状況でも
感情的にならず
穏やかに物事を進めよ


だからこそ
私は過酷な介護生活を終え
15年後に
モンスターであり天使である
Tiffanyを女手一つで過ごす
運命を生きているのであろう


生きるとは奥深い


最後に
改めて世のお母様方へ
心からの尊敬と敬意を込めて
Asami




お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com


◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

男性から感じるエレガンス (PIAGET)

池袋駅での出来事 (Tiffany1988)

やる気の出ない日は (La Carrière)

美しき母の英才教育 (Éternité)

ハイヒールのサイズ (Belle passion)

客観的に見る (ALLURE)

コーチから学ぶ恩恵 (La tour des Esprits) 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
愛に生きる世のお母様方へ 愛に生きる世のお母様方へ Reviewed by Asami on 19.10.21 Rating: 5

0 件のコメント:


Powered by Blogger.