7つの負の状況からの強靭なマインドの保ち方

Season may change, but season can’t stop me from being a woman. I don’t really feel cold. My muscles can give me energy. As I always say, wearing high-heels is like playing a sport. While you’ re playing, you don’t really feel cold because you’re sweating. Same as high-heels, you’re actually working on your muscles as you walk in high-heels.


Peterは
先週の金曜日に
完全に回復をしたが
彼は今週末まで
外出禁止のため
一緒にカフェで
アペリティフが出来ない


これが
私には辛いことである


そのような中
今度は
Peterのリレーを
見事に受け継いだ
Tiffany


子供の
コロナウィルスは
無症状か風邪の症状と
云われており
発見がし難い


しかし
日曜日の夜から
Tiffanyが発熱した瞬間
Peterの
リレーであると思った


これは
私でなくとも
誰もが解る


Peterの症状は熱と
頭痛と一度の嘔吐であり
二日半で終わった


Tiffanyは
熱と腹痛と鼻水


6歳頃までの子供は
通常の風邪による熱でも
痙攣が現れ
睡眠中に痙攣があり
その怖さに
昨夜は彼女は怖く
眠ろうとしない


その彼女をcareし
私も眠れぬ夜を過ごした


先週の水曜日の夜の
Peterの体調の変化から
現在に至るまで
子供の体調careに
かなりの睡眠不足であるが
意外と元気である


恐らく
この状況は一般の方は
意外とモチベーションを
保つことが
難しいのではと思う


先ずは
完全に一人の時間がない


Peterが先週の月曜日から
クラス閉鎖となり
外出が出来ない上に
実際に彼も移ってしまった


そのため
二週間と子供たちと
一緒であること


誤解のないように
伝えるが
愛する子供たちであるが
法律上
週末に子供たちを
預けることが出来ない


愛する人でも
7割と3割の法則は
必ず作用する


二つ目は
気分転換をしたい際に
カフェやレストランと
シャンパーニュの時を
子供たちと出掛けられない


これは
意外と非常に大きい


私は
レストランやカフェで
自由に過ごすために
ワクチン接種した程である


三つ目は
健康になったにも関わらず
Peterが外に出れないこと


これは
子供であれば非常に
ストレスであるが
そのエネルギーを
感じていること


四つ目は
Tiffanyが腹痛の痛みで
終始、泣いていること


鳥の鳴き声は
癒されるが
子供の泣き声とは
人間の
精神性を奪うものがある


イヤイヤ期の
泣き声も厳しいが
終わりがある


体調不良の泣き声には
終わりがないため
意外と厳しいと感じる


五つ目は
仕事のキャンセルである


10歳となる
Peterであれば一人で
ベッドで横になってもらえる


しかし
二歳児のTiffanyは
不可能であること


薬が効き
熱が下がると走り回るが
それは薬のお陰で
必ず後に
ツケが廻ってくる


最後の六つ目
それは
習慣が崩されることで
モチベーションの低下である


自分が病気になれば
身体が痛いので
身体から理解が出来るが
健康な身体にも関わらず
リズムが崩されること


Tiffanyは
病気になると一層
ママンと離れない精神が強く
ストレッチすらも
出来ない状況である


それでも
ストレッチだけは
私には絶対なので
押し切り
これは決行をした


おまけに
7つ目とは
生理も同じタイミングで
始まりホルモンバランスは
良くない状態に加えて
もはや朝飯前である
シングルマザーの状況である


そのような私が
何故、モチベーションを
保つことが出来るか



これは絶対であるが
私が望んだことであること


それは
「子供たちと共存して生きる」


これは
少し前に決めた
私の
人生の軸であった


なので
これは私の望みであり
宇宙が叶えてくださったと
感謝が先にあること


そして
私は気分が良くなるために
手段を問わない


午前中から
シャンパーニュを口にし
自分の心が綻ぶことを
同時進行で行い
子供の病気のcareをしている


これは
子供の病気のcareに限らず
手段問わず
感情を回復させることは
絶対としている


そこに
常識であろうが否か
私には本当に
どうでも良いことである


大切なことは
常識や社会でもなく
自分の心の安定と
高揚感である


本当に
自分以外の他者の声や
批評とは
どうでも良いとしか
思えない


そして
次なるもの
それは


私の過去からの思考癖だが
仕事をしていないと
無価値であると思ってしまう
潜在意識である


クライアントの前に
立たなくとも
それが数日と続いていても
貴女は
それだけで価値があるのだと


今回の件で
改めて確立出来たことである


私の脳は
どうも仕事をしなければ
貴女は怠けている
価値がない


このように
思い込んでいるところがある


そうではなく
貴女は
例え何もしなくとも
価値があるのです


このような
潜在意識の膿と
置き換えを出来た


このために子供たちが
コロナウィルスに
掛かったのではと思う程
私の根深い膿であった


そして
何と云っても
脳と思考が過去とは
恐らく他の方々とは
異なることにある


昨日のBlogでも
数日前のBlogdも綴ったが
出来事が起こっても
起きた出来事に対し
感情の捉え方が
過去とは
全く違うことである


私は
生まれた環境から
荒い気質であったが
そのような私でも
成功が出来た


と表現すると
嘘になるが
「出来つつ」あると
訂正をさせて頂きたい


私は
やはり完璧ではない


しかしながら
そのようなレベルの私でも
出来るのである


五感が
キャッチする瞬間を
意図的に掴むことも然り
感情をコントロールスキル
脳の手綱を引く意図した強さ


これらは
この世界に触れない限り
本当に分からない


今朝
Instagramを通して
脳科学コースVideo版
シェアさせていただいた


その時に
改めて
「脳科学コース」Video版の
素晴らしさにも触れ
我ながら
自負したのである


正に感嘆である


私でさえも
忘れていた意識であったと
感じたこと


そして
この動画に立つ人物
それは私であるが
彼女が放つ
エネルギーに触れながら
視聴をすると
脳どころか細胞にまで
染み入ると思った


内容は全て存じている
私が感じると云う
この事実こそ真実である


このような理由から
私は健全なマインドを
保てている


何方かの
ご参考になれば幸いで
ございます

 


お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com



◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

クリスマスの準備 (Tiffany1988)

ハイヒールで鍛えた内腿 (La Carrière)


どのステージで生きたいのか (La tour des Esprits)


美しい人は努力している (Belle passion)

美しくあるために(PIAGET)


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

7つの負の状況からの強靭なマインドの保ち方 7つの負の状況からの強靭なマインドの保ち方 Reviewed by Asami on 23.11.21 Rating: 5

0 件のコメント:


Powered by Blogger.