角度の見方が人生を変える

Est-ce que vous voulez marcher élégamment avec des talons hauts ?
Il faudrait incliner la cheville vers l'intérieure, quand vous passez le pied vers l'avant. Si vous ne faites pas comme ça, vous aurez un espace entre vos genoux.
Vous dégraderez votre charisme. La démarche en talons hauts est un art. Vous donnerez l'impact malgré une petite chose.



※※※※※※※※※※※※

脳科学コース」「動画セミナー

プラチナコース

声の哲学」のセッションを

ビデオ版をご受講いただけます


セッション Video版

※※※※※※※※※※

私にとり
Blogを綴る瞬間とは
脳のリラックス
タイムである



基本的に
アペリティフの時に
綴ることにしている


愛する
シャンパーニュや
ワインの時であり
人生を楽しみながら
Blogを綴っている


そして
必ずキャンドルを焚き
私にとっての
極上の時間でもある


人生とは
楽しんだもの勝ちである


例えば
自分の意志に反し
行わなければならない
ことがあったとしても
様々な角度から
見ることが出来る


どのようにしたら
楽しめるであろうか
そして有意義な瞬間を
演出することが
出来るであろうか


この思考癖をつけると
如何なる瞬間も
何にも代え難い
大切な時となる


例えば
私の一つを例に取ると
子供たちが
おやつを食べた後に
再び食器を洗わなくては
ならない状況


私は
食器は直ぐに洗いたい
タイプであるが
子供と共存すると
皿やカップを何度も
洗う状況が出てくる


その度に
「又か」と
溜め息をつくと
どうなるか


皿を洗わなければ
ならないと疲労と
ストレスが重なり
その時間は
決して有意義とは云えない


私の場合は
溜め息の代わりに
脳をクリアにし
望むビジョンへの
投資する時間だと
捉えている


そのため
毎回、有り難いと
それを
宇宙への感謝の時へと
還元させている


これは
一例であるが
小さな僅かなことも
溜め息ではなく
角度を変えることで
自分が放つ
感情と時間の
クオリティを変えている


脳科学とは
当たり前だと思う
意識・思考レベルを
ワンランク上げること


これは
美意識も然りであり
美しいか否かの
異なりとは
習慣となる
思考レベルの異なり


これだけである


当たり前だと
思っている意識や
習慣の差が
美しさに現れる


これは
脳科学も然りである


本日から
「人生の哲学」
コンサルティングを
開始された
クライアントの方が
いらっしゃる


その方は
脳科学コーチを目指す
意味で開始された事ではなく
脳科学に手応えを感じられ
もっと深く知りたいと


その可能性を感じられ
行動へと移された


実際に
リスクに着眼される
職業のため
仕事に役立つこと


加えて
後輩の指導に当てることも
出来ること


対顧客との対応にも
十二分にも発揮が出来ると
仕事での
ポテンシャルを感じられた


コーチを目指さなくとも
脳科学の世界を深く知り
宇宙の法則と絡めながら
理想の人生を歩むスキルを
手にすることが
出来る


それは
落とし込む深さが
格段に異なるからである


脳科学や宇宙の法則を
ご存知であっても
「つもり」の状態と
私のように深く落とし込み
生きている状態は
格段の差がある


知らないよりは
遥かに素晴らしいが
此処にも脳内環境の
格差が存在する


脳科学コーチを
目指さなくとも
人生の哲学
コンサルティングの
終了時には


一流の
脳科学コーチとして
なっている状態であることは
変わらない


人生とは
本当に何時
何が起こるか分からない


興味がなかったのに
突如として
興味が起こることもあれば
逆も然りである



コーチになる云々が
大切ではなく
終了時に決めれば
良いだけのことである


これもまた
あらゆる角度から人生を
そして可能性を広げる
大きな思考術である


副業も然りであるが
一つのことを
遂行してから次へと
進むことが
これ迄の時代は
許されていたかもしれない


しかし
それは先が読めない
世界で生きている
私たちの今の時代には
もしかしたら
通用しない生き方かも
しれない


そのような角度は
十二分に検討する
必要がある



私が心の奥底で
感じていたことを
ふと思い出した


当時はパリでの
マンツーマンとなる
ハイヒールレッスンの
オートクチュールしか
ない時代であった


もし
車椅子になったら
仕事はどうするのか


今は
仮に車椅子になっても
哲学が枝分かれしており
ハイヒール以外にも
仕事がある


加えて
以前のアパルトマンの
マダムとの諍いで
クライアントをサロンに
呼べなくなった


苦しい思いをして
見つけた解決策が
当時では前代未聞の
Skypeを通しての
レッスンであった


今では
世界情勢の関係で
オンラインが当たり前と
なったが
当時は思いつかない
方法であった


未来とは
決めに行く一方
自分の狭い思い込みで
今の限界を
決めてしまうと
チャンスを逃す


今までは通じた流儀が
通用しなくなるのは
誰もが世界の流れを
見れない中にいるからである


企業で働いている方も
起業されている方も
出来る限り
多くの枝を持った方が良い
と勝手ながら感じる


今の時代の傾向とし
「突如とし」
降ってくることが多い


先日
フランス人との
オートクチュールの
ハイヒールレッスンの
オファーについて
綴ったが
以前の私であれば
脳内で拒否していた


それは
正直に
時間がないからである


しかし
枝の数を考えた時に
この一本の枝が
未来の私の人生の光と
なるかもしれない


そう捉え
前向きに受け入れた


凝り固まった
価値観や思考を
少しだけ柔軟に変える
技術とは
生きるセンスとなる


パリは
白人だけではなく
アラブやアフリカも含め
あらゆる国籍の人々が
混在し生きているため
様々な価値観を
受け入れることは
私には難しくない


しかし
この感覚は同じ国籍
同じ国内の人との
人間関係に於いても
非常に大切なスキルである


そのような意味でも
脳科学とは
人生に生活に密接に
関係しているため
生きる能力とも云える


暗闇の先さえも
光を照らすもの


それが
人生の哲学の
コンサルティング
である


お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com



◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

永遠なる課題 (Tiffany1988)

諦めないこと、挑戦し続けること-1 (La Carrière)

奇跡のような出来事 (PIAGET)

自分の身体と向き合う (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
角度の見方が人生を変える 角度の見方が人生を変える Reviewed by Asami on 26.12.21 Rating: 5

0 件のコメント:

Most Impressive scene




Powered by Blogger.