貴女こそが映画の主人公である

Nothing is more dangerous than ignorance. If we don’t know the right method, the situation will get worse even if we invest our precious time and money. I guess this is a universe of high-heels.


※※※※※※※※※※※※

脳科学コース」「動画セミナー

プラチナコース

声の哲学」のセッションを

ビデオ版をご受講いただけます


セッション Video版

※※※※※※※※※※

今日は小さな
幸せなことがあった


先日
ツインレイについて
プライベートなことを
綴ったが
ツインレイの息子と
偶然にも遭遇した


半年以上か
それ以上であったが
私を見つけるなり
「Asami!」と叫んだ


フランスでは
基本的に
子供たちも「マダム」と
呼ぶが
彼は今も私のことを
名前で呼んでくれる


外国人の名前を
覚えるのも
難しいと思うが
変わらずに
覚えてくれていること


そして
子供とは咄嗟の時に
心が
純粋に現れるので
その瞬間は
キラキラと輝き
愛らしくてたまらなかった


正に
フランス映画の
ワンシーンのようで
あった


以前にも綴ったが
アパルトマンの管理人の
ムッシューにも
「マダム」ではなく
「Asami」と
呼ばれている


フランス人は
私たち日本人よりも
純粋に魂に生きているため
会話や行動から
相手が自分に対して
どのように想っているか
詠みとることは
難しくない


寧ろ
簡単かもしれない


相手との関係性や
友好関係とリスペクトとの
微妙なバランスは


やはり
フランスで生きる
醍醐味である


これから
パリで生きたい女性へ
フランス人が
勝手に心を開く
方法として
以下は必須である


感情を適切に表現すること
確固たる意見を持つこと


日本の方は
言葉ではなく
「笑顔を作ること」で
その場を取り繕うが
これはフランス人からは
完全にNGである


YesなのかNoなのか
彼らには
分からないからである


瞬間ごとに
自分の意見を持つことも
非常に大切である


日本人が考える速度と
フランス人が考える速度は
大きな壁がある


これは
言葉を放つ速さに比例し
声の哲学でも
伝えていることであるが
言葉を話す速さと脳内の
回転速度は比例する


日本人が
話す速度では思考回路も
Slowペースであり
フランスに於いて
日常会話では
置いていかれてしまう


私は
英語圏専門ではないが
英語に於いても
然りではないかと思う


頭の回転の速さと
話す速度とは
想像以上に比例する


そして
何よりも自分を示す
表現力は
最大に努力しなくては
ならない


ASAMI-PARISの
各哲学コースに於いては
どのコースを
選択されても網羅している


理由は
世界基準である


コロナの関連で
自国を愛し
堪能するのも十二分に
お腹が一杯だと思うので
来年からに向けて
海外の空気を吸うため
意識を世界へ海外へ
向けられてみては
如何であろうか


今は
滑走路を走る前の
飛行機である
自分と重ねること


そして
空を目指し滑走路を走る
エールフランスの機体と
重ね合わせ
あの数秒間の緊張感が
「今」であると


高揚感を感じて頂きたい


そして
その高揚感が
未来へ向けての
「今」の行動へ繋がる


大空を舞うには
パイロットとしての
技術なくしては
不可能である


直感は
宇宙から降りるが
現実世界で
生きる理想の未来は
空からは降ってこない


新たな年を
迎えるのであれば
今まで異なる世界を
堪能される世界を
選択されること


世界とは主観であり
自分の人生は
如何様にも変えられる


貴女が
映画の主人公である




お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com


◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

口角をコントロールする (Tiffany1988)

ZOOMで広がるNetwork (La Carrière)

ハイヒールでしか成せないもの (PIAGET)

官能美とは自分を愛するためのコースである (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
貴女こそが映画の主人公である 貴女こそが映画の主人公である Reviewed by Asami on 30.12.21 Rating: 5

0 件のコメント:

Most Impressive scene




Powered by Blogger.