ようやく抜けた私のスランプ

Pour être belle, il n’existe pas de raccourci. Une femme élégante persiste toujours, en coulisse, dans ses efforts et dans l’attention qu’elle porte à sa démarche. Pour devenir belle, une endurance sans faille est nécessaire Il en va de même avec les efforts requis pour marcher gracieusement en talons.


※※※※※※※※※※※

脳科学コース」「動画セミナー

プラチナコース

声の哲学」のセッションを

ビデオ版をご受講いただけます


セッション Video版

※※※※※※※※※※

何気ない日常の
瞬間に
今日も幸せを感じていた


ハイヒールの哲学
コンサルティング

Juliaile Miyukiさん
コーチ役として
挑まれる際


Miyukiさんの
愛犬が
タオルを
口で運び
Miyukiさんの
花道で
シエスタを始めた光景


その愛らしさに
世界の豊かさを感じた


Belle passion
YUKIKOさん
との
ハイヒールレッスンの終幕


Tiffanyの
トイレ騒動に対して
YUKIKOさんの
温かな愛と微笑み


Skypeの画面を
切った後も
滑稽な出来事であったが
愛らしくてならず
無限なる
この世界の
幸せに祈りたくなった


日常の瞬間こそ
幸せとは溢れており
愛に溢れている


数日前から
外出や睡眠以外は
パンパースを外し
Tiffanyは
potを利用している


昨日も
失敗することなく
合計で8回と
自分でカボチャの蓋を
開けている


カボチャの蓋とは
こちらがTiffanyの
愛用potである

Tiffanyのpot


インテリアとしても
可愛いので
私も気に入っている


来年の9月から
幼稚園となるため
トイレの自立は
必須となる


トレーニングは
先でも良かったが
遊び心で軽い気持ちで
試したところ
努力なく成功した


Peterと同様に
手が掛からず
有難い限りである


誰方も
Tiffanyのpotの話は
興味がないと思うが
何気ない幸せに
歓びを感じ


終いには
Cécileの動画を
Instagramで
公開したほどである


瞬間の
幸せを感じられる
心で生きられる
「今」に
感謝をしております


さて
真面目な話しであるが
先日まで
足を前へ運ぶ動きに
スランプに陥っていた


鏡を見ながら
繊細に足を前へ運ぶ
その過程が
全く美しくないのである


私の
足の甲が変形したのか


鏡のポジションに
原因があるのか


様々な観点から
修正を試みてはいたが
改善されない


我ながら
宇宙レベルであると
思ったほど
長期に及んでいた
スランプであった


そして
ある時、気づいた


足を前へ運ぶ際
膝を内側へ入れ
足首から下の甲を
内転させることで
エレガンスを醸し出す


これは
ASAMI-PRISでも
当たり前の
メソッドである


しかし
これだけでは足りず
足を前へ運ぶ際に
親指側を下へ傾ける状態


この状態の逆は
小指側が親指より
高くなっているが
この親指側を下に向ける
角度が
全く足りていなかった


このことに気づいた


例えるなら
船が傾き
転覆する手前の
角度である


この表現は
誰もが
理解不能かと思うが
これ以上の
表現はない


秒速で過ぎ去る
この僅かな瞬間の動作


それも
僅かな足の甲の傾きの
角度に於いて
これ程にも深い世界


これが
芸術であり
私たちの身体であり
人生である


更なる一つの
気づきは
膝を後方へpushする
力が無意識に足りず
左足の爪先が
僅かに外へ向いていた
ことであった


こちらも
衝撃と驚愕であった


私は着地時に
つま先が内側へ向く
傾向にあるため
意識をして
外へ向けていた


しかし
今度は意識が
行き過ぎてしまい
いつの間にか
正常なポジションを
僅かに超えていた


それだけならば
つま先を
内側へと向けて
修正すれば良いと
思われるかもしれない


しかし
人間の身体とは
そんなには甘くない


左の爪先が
外側を僅かに向くことが
私の身体は
正しいと思っていた
歪みが生まれており


着地時に
左の爪先を内側へと
戻すと


足の裏から
脚の腿の付け根までの
足から脚の内側の
全筋肉が
完全に弱っていた
現実に向き合わざる
負えなかった


衝撃であった


爪先が
外へ向く時には
改めて
足や脚の内側の筋肉が
弱っていること


その根源は
母指球で
体重を支えきれずに
母指球が滑ることが
根本的な原因である


やはり
爪先の方向とは
僅か数ミリでも
外にも内にも
向いてはならない


改めて
自分の身体で感じた
人体学であった


僅かな狂いが
ここまで
身体を狂わせること


人生に於いても
然りである


私のように
爪先が
真っ直ぐであると
思っていても
完全なる思い込みである
先ほどの例えのように


これが
私たちの身体であり
私たちの人生を創る
波動の錯覚である


何度も
繰り返し申し上げるが
ハイヒールの哲学とは
単に美しく正しく
歩くレッスンではない


人生に直結し
私たちが放つ周波数
エネルギーに直結する
ツールである


ASAMI-PARISの
全てのメソッドは
表面的な美しさだけに
焦点を当てた
レッスンではない


全てのコースは
哲学が土台であり
崇高なエネルギーが宿り
立体的な宇宙と
共鳴する奥深さがある


私たちは
身体を持って世に誕生し
この世界を生きている


身体をもつ
理由とは何であろうか


身体を使い
エネルギーを生み出し
本来の才能や
目覚めを開花すること


貴女が
想像する以上に深いもの
それが
ASAMI-PARISの
哲学である


PIAGET
瑛子さんが
ハイヒールレッスンの
オンライン版である
プレタポルテを
Openされました


ハイヒール プレタポルテコース OPEN
( PIAGET)



是非
美しき扉を叩かれて
いただきますこと


そして
宇宙と共鳴する
ハイヒールレッスンを
人生の生きる武器とし
手にされることを
願っております

 ※※※※※※※※※※※※

今月の
コンシェルジュ
以下をご覧くださいませ

※※※※※※※※※※※※ 
 


お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com


◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

親友の誕生日に (Tiffany1988)

コロナ禍の海外駐在 (La Carrière)

ハイヒール プレタポルテコースOPEN (PIAGET)


冬の土用期間 (ALLURE)

話す速度と思考の関係 (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
ようやく抜けた私のスランプ ようやく抜けた私のスランプ Reviewed by Asami on 18.1.22 Rating: 5

0 件のコメント:

Most Impressive scene




Powered by Blogger.