膝のコンプレックス

If you want to enjoy eating, dont’ be afraid. You can eat whatever you want, you don’t need to count your calorie intake. You don’t have to be anxious. As long as you can control your muscles in high-heels, you have nothing to worry about. That is logical.


※※※※※※※※※※※

脳科学コース」「動画セミナー

プラチナコース

声の哲学」のセッションを

ビデオ版をご受講いただけます


セッション Video版


※※※※※※※※※※

私は昔から
料理をすることに
興味が持てず
こだわった料理を作るのは
私よりパートナーの方が
断然に美味しい


フランス人は
確かに日本の男性と
比べると男女平等の意識が強い


互いに仕事をしていれば
その時に
時間が空いている方が
子供の面倒や買い物
料理をするのが
効率的であると考える
文化のため


女性は
遥かに日本に比べて
生きやすいのは事実


しかし
フランスも過去には
日本と同じく
男性が女性より圧倒的に
立場も力も強く


そのような中
女性の権利を
確立するために
立ち上がった
背景が近い歴史上に
存在する


スタートラインは意外と
日本と変わらないが
何が
ここまで日本と大きく
変わるかは女性が
やりたくないことに
「Non」と
云える強さである


私は過去に結婚をした
二人の男性は
日本の男性であったが
私の性格を知っているため
家事をするために
自分の時間が
奪われた記憶はない


例え
日本の男性に対しても
自分の軸は
決して崩される事なく
私の方が仕事の帰りが
遅い時には
喜んで食事を作ってくれた


それは私が
フランス女性と同じく
出来ないものに対して
「Non」と
表現してきたことで
それでは
どうすれば良いかと
話し合うことで
成り立っていた関係であった


女性の自由を奪うものとは
「経済的な自立」と
「美しく在ること」


この二つがあれば
女性とは男性と対等に
あり続けることが出来る


男性の意見
背後に隠れて無意識に
女性が自由を
奪われる事はないのでは
なかろうかと思っている


結婚をしても
子供がいても女性は絶対に
この二つだけは
絶対に失くしてはならない


今、現在無いのであれば
直ぐに生み出せば
良いことである


この二つは現在
如何なる状況でも
立場であっても
誰もが生み出せる


それは
貴女が諦めなければである


間違っていませんか?で
綴った内容に関して
もう一つ
大切な判断基準があることを
思い出し
付け加えさせていただく


それは
膝が曲がらないことである


まずは
地面に足を着地した瞬間
一本脚で支えている側の膝も
大切であるが
前足側の膝が曲がっては
ならない


そして
足を前へ運ぶ際に
支えている
一本脚の膝が曲がるとは
ヒールの高さが
自分の筋肉量に
合っていない証拠でもある


地面へ
着地する際に
ASAMI-PARISの哲学の
NGである踵から
着地をし前脚側の膝を
仮に伸ばして着地が
出来たとしても


ヒールと地面が
鋭角になるため
大切なヒールが折れる
原因ともなる


又、一層
背中が後方へ反り
確実に腰痛の原因となる


膝とは脚のラインと同じほど
多くの女性がコンプレックスを
抱えているのも事実である


私が幼少期からの
根深い膝の
コンプレックスは
膝の上に
余計な脂肪が乗っており
自分の脚が醜いと
感じてならなかった


今では信じられないが
幼少期から
始まったコンプレックスは
思春期を過ぎて
現役で仕事をしている時も
コンプレックスが取れなかった


そういった意味では
今の自分の脚は
現役の時代よりも
美しいと感じており
無駄な脂肪が一切なく


ハイヒールで
鍛えられた引き締まった
脚であるからである


脚を細くしようとして
食事制限や
痩身エステへ通うことこそ
無意味なものは無いと
思っており


それは
全て現役時代に
あらゆる全てのものを
試したが
全く効果がなかった


ストレッチと
素足のエクササイズを
真面目に毎日
行っていれば
必ず脚のラインは
変わり始める


そこに
ハイヒールが加われば
変化の速度も継続も
全く異なる


特に膝に関して云うと
多くの方が
膝が緩んでおり
立っている状態も
全く力が入っていない


何故
断言出来るかと云うと


プロフェッショナルとして
立つ私でさえも
ふとした瞬間に
膝の意識が抜けていると
青ざめる瞬間があるため
意識をしていない
女性の膝とは
ゼロに近いのである


膝とは
意識をした瞬間に
最も変化が現れやすい
箇所であり
レッスンを受け始めて
真っ先に
変化があるのは膝である


殆どの方は
その場で膝の表情が
変わり
それは私が云うのではなく
ご本人が
ご自身の膝の変化に気づき
ご報告をしてくださる


膝は想像以上に後方へ
プッシュする力が
必要であり
そこに左右のヒップを
中心に寄せて
ギュッと引き締める力が
加わると下半身が
硬直した状態となる


これがハイヒールで
美しく正しく
歩くための土台となる
身体であり


これは
フラットシューズでは
毎時
意識をいれ続けることは
不可能である


だからこそ
女性はフラット靴に
別れを告げて
ハイヒールと共に
生きなくてはならない
理由である


緩んだ身体は緩んだ心を創り
緩んだ心は緩んだ波動を作る


そして
緩んだ波動は緩んだ
エネルギーを創りあげ
緩んだエネルギーは
緩むことが心地良い
人を集め


結果
人生は緩んだ状態となる


これは生命力に溢れて
生きていると云えるであろうか


人生の余暇は
楽しむことは
絶対に必要であるが
怠惰が理由で
波動を緩めてはならず


その為には
非常に基本的であるが
膝の意識とは
緩めてはならない


小さなことに
感じられるかもしれないが
この小さな事に
意識をいれられるか
否かの異なりが
人生を大きく変えるのである


勿論
美しく歩く意識
美しきハーモニーを作りあげる
身体に於いてでもある


-2018年6月23日のBlogより-



明日
1月30日 日本時間
21時15分より
Tiffany1988 Sonomiさん
Instagram Live
行います


プラチナコース
サロンOpen記念となります


是非
ご覧くださいませ


※※※※※※※※※※※※

今月のコンシェルジュ

 



お問い合わせ、お申し込みは
以下のメールアドレスにて
お願い致します。


asamiparis.fr@gmail.com


◆コンサルティングの方のBlog

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

INSTAGRAM LIVEのお知らせ (Tiffany1988)

夫の習慣から (La Carrière)

ランウェイに見るハイヒール (PIAGET)

「声の哲学」レッスン (Belle passion)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
膝のコンプレックス 膝のコンプレックス Reviewed by Asami on 29.1.22 Rating: 5

0 件のコメント:

Most Impressive scene




Powered by Blogger.